まだ制作途中なので見づらい所や使いづらい所など多々あるかと思いますが徐々に改善していきますのでよろしくお願いいたします。


もち麦のすすめ

もち麦のすすめ

 

メタボ解消&腸内環境改善!

もち麦は現代人にぴったりの食材

 大妻女子大学家政学部教授 青江誠一郎先生

 私たち日本人は、昔から主食に穀物を窃取してきました。日本人の

食物繊維不足が危惧されていますが、じつは60年前と現在とを比べ

ると、野菜から摂取している食物繊維量はほぼ変わっておらず、穀物

から摂取する食物繊維量が大幅に減少しているのです。つまり、日本

人の食物繊維不足の原因は、昔の穀物を食べる習慣が白米・小麦

パンを食べる食生活に変化したことにあります。

 最近は「糖質OFFダイエット」や「炭水化物抜きダイエット」が流行って

いますね。糖質が悪者扱いになっていますが、糖質はとても大切な

栄養素。長期間食べずにいると、体にダメージを与え、病気のリスク

も高まりますし、やせたとしてもリバウンドすることの方が多いでしょう。

 白米にもち麦を混ぜたもち麦ご飯を1日2杯食べれば、炭水化物を

我慢することなく、食物繊維不足分を十分に補うことができる上、

ダイエット効果もあります。内臓脂肪も減らし、血糖値の上昇を抑え

腸内環境をも整える効果をもつもち麦は、現代人にぴったりのスーパー

フードです!

もち麦のパワー

●ポッコリお腹が凹む

●便秘解消

●内臓脂肪を減らす

●血糖値の上昇を抑える

●腸内環境を整える

●コレステロールが低減

●朝に食べると太りにくい

●脂質の吸収をブロック

いいお腹はダブルの食物繊維から

主食でとろう!食物繊維!!

かつては役に立たないものと思われてきましたが、現在は

次々と食物繊維の有用性がわかってきました。毎日、

続けて摂取するには、主食でとるのが無理なく簡単です。

日本人と食物繊維

 日本人が大麦を食べなくなってきたのは、1960年前後。その影響で

食卓から食物繊維が減ってしまいました。1950年代には、1日20g

以上の食物繊維をとっていましたが、現在は厚労省が定める目標

摂取量に足りていません。1日に必要なとされる食物繊維の目安は

17~19gとされています。(*1)現在の日本人の摂取量は1日平均で

14.3g(*2)といわれています。

 

英語で「ダイエタリー・ファイバー」ともいわれている食物繊維。

ゴボウなどのスジ(粗繊維)と誤解されがちですが、

実は炭水化物の一種です。

食物繊維の含有量が多いのは穀類・豆類・芋類で

日本人の食卓と健康に深く関わってきました。


 

実は2種類あったダブルの食物繊維

食物繊維には、働きの異なる2種類があります。

それが水溶性食物繊維と不溶性食物繊維。

多くの食品に比べ、「もち麦」は水溶性食物繊維が

より豊富に含まれている貴重な食品です。


 

店長おすすめの炊き方

 白米よりも玄米に混ぜた方が違和感がない。

玄米のプチプチした食感と

もち麦のプチプチした食感の

相性抜群ですョ!

 

塩麹を入れて炊くのもポイントです。

(塩麹を入れるとご飯の旨味が増します)

材料

玄米・・・5カップ

水・・・5カップ

もち麦・・・250g

水・・・300cc

塩麹・・・大さじ 2

炊き方

1)玄米を軽く洗う

2)材料を全部入れて浸水3時間

玄米・・・ミルキークィーン

炊く道具

アサヒ軽金属の活力鍋

腸内環境を改善する

最強食材

小林メディカルクリニック東京 院長 小林暁子先生

●もち麦で便秘解消、代謝&免疫力アップ

 便のかさを増やし、排便を促す効果がある不溶性食物繊維ですが、

じつは、ひどい便秘症の場合、必死に不溶性食物繊維を多く含む

商材を食べることで、逆に便秘を悪化させてしまう可能性があります。

便秘症の方こそ、摂るべきは水溶性の食物繊維です。

 もち麦に多く含まれている水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサ

になって、善玉菌を増やし、腸内環境の改善に役立ちます。

 最近、腸の働きが、全身の健康につながることがわかってきま

した。腸内環境が整うことで、便秘が改善するだけでなく、美肌

効果や代謝改善。ダイエット効果があり、免疫力が高まります。

また、花粉症などのアレルギー症状も緩和されます。

 腸内細菌の理想的なバランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌

=2:1:7.日和見菌は、善玉と悪玉の優位なほうにつう菌です。

ですので、善玉菌がより活性化するように、善玉菌のエサとなる

水溶性食物繊維がとても重要なのです。

 腸内環境はだいたい2~3週間で変化し始め、

3ヶ月で体質が変わります

 1日に適度な量を毎日続けて食べることが大切で、ちょっとずつ

でも確実に腸内環境は改善されます。腸が弱い方は、少しずつ

食べて腸内を慣らし、次第に量を増やしてみてください。

 ●もち麦で血圧も下がる!?

 メタボリックシンドロームや生活習慣病予防効果のあるもち麦。

最近の研究では、もち麦には高血圧の上昇を抑制する効果や

塩分を排出する働きがある

のではないかと注目されています。

体内の塩分濃度が高くなることは、高血圧の原因の一つ。無駄な

塩分を排出することで、血圧の上昇を抑制できます。

 また、太ってくると、肝臓で作られるはずの血圧を下げる物質

が、脂肪細胞からも分泌されます。その結果、太っていると高血

圧になる確率が高くなってしまうのです。

 もち麦を食べ続けることで、内臓脂肪が減り、肥満が改善され

ます。結果、やせることで、高血圧予防にもつながるのです。

  腸活効果を高める

組み合わせ食材

  もち麦は、同様に腸内環境を整える乳酸菌やビフィズス菌を

多く含む食品や発酵食品と組み合わせて摂取すると、ダブル

効果でより腸内が改善されます


 もち麦ご飯

 ×

 プレーン

ヨーグルト

チーズ

納豆

キムチ

漬物

みそ

自分好みの組み合わせを楽しんで下さい!

  店長のおすすめ組み合わせ!

  

もち麦玄米ご飯

材料

玄米・・・5カップ

水・・・5カップ

もち麦・・・250g

水・・・300cc

塩麹・・・大さじ 2


 

もち麦玄米ご飯

メカブ

納豆

薬味入り蔵出しおなめ

(店長おすすめです)

 

もち麦玄米ご飯

メカブ

納豆

薬味入り蔵出しおなめ

(店長おすすめです)

長芋

必ず一緒に組み合わせたいものが

具だくさん味噌汁!

 

おかずを何品も作らずにすむ、

具だくさん味噌汁

これ一品で栄養バランスがいい

おかず味噌汁

健康をサポートする、味噌の秘めたるパワー

私たち日本人が、昔から当たり前のように触れてきた食文化が、

今、健康食として、世界中の人々に注目されています。

その一つが味噌。

がん予防や、生活習慣病予防など、味噌に関する話題は後を絶ちません。

味噌汁は、日本人の食文化と健康において欠かせない調理法です。

その背景として、一つには味噌汁が献立に入ることにより、

ご飯、おかず、味噌汁とバランスのとれた食事が出来る事。

次に、味噌汁に色々な具を入れることにより、より多くの栄養が

とれること。特に、生野菜サラダで食べられないような青菜類や

根菜類、芋類などが食べやすいというメリットがあります。

そして何より味噌自体が持つパワーを見逃すわけにはいきません。

味噌は大豆を主原料とした発酵食品。大豆そのものの働きに、

微生物が働く発酵作用の結果、色々な機能が生まれ、

まさに生理機能成分の塊のような食品です。

また、大豆そのものは消化が悪いために、非常に高い栄養素を

利用しにくいところ、味噌は大豆由来の有効成分と、発酵によって

生じる有効成分を上手に利用できる、栄養素たっぷりの加工食品

なのです。


よし気に入った!と言う方は

>>もち麦のご注文はこちらから


店舗案内・アクセス

店長ブログ

こんにちは!店長の平井です。

普段スーパーなどで購入している玄米とは一味も二味も違います。
愛情をふんだんに与えた大地の恵み。一日三度も来る楽しい食事のひと時を
彩り豊かに飾ってみませんか?

店長日記はこちら >>

店長ご挨拶

お客様からいただいた手紙

初めての玄米食失敗しない方法

手作り味噌・醤油の会

玄米炊き比べ教室

店長ご挨拶

玄米販売専門店へのアクセス

店長が大好きな食べ方

蔵出しおなめの美味しい使い方

もち麦のすすめ

米油のすすめ

三河みりんのすすめ

東京ガスホームページ

インフォメーション






下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ